2017年9月20日水曜日

ギターのノイズに困りまして... キャビティー内をシールドしてみました!!



あ、こんにちは、オヤイデ電気のウノツです。
このショップブログではあんまり登場しない僕ですが、どうぞよろしくお願いします。



今回は、普段使ってるギターのノイズが酷く、困っているのでちょっくら施術がてらノイズ対策法をご紹介いたします。


それでは、今回ノイズでお困りの...この子。
リッケンバッカー360です。
日頃のケアが足りないせいで、ジャック内でバチバチ信号が途切れたり、
ミュートしていても気になりすぎる
ジィ˝ーーーィ˝
というノイズが発生します。


原因は、
ジャックなんか怪しい気がするのと、
ボディ内シールドしたら対策できるんじゃないか?
と思いました。なので...
パネルを取っちゃいましょう

まずは、
"古いパーツを新しくしちゃえば"論で、
ジャック交換です。

中を開けてみると、スイッチクラフト「#13」のスイッチ付きモノラルジャック。

構造上、スイッチ付きじゃないモノラルジャック「#11」でいいんじゃないかと思い、
ひとまずミノムシコードで音色チェック。
うーん。なんとも微妙な違い...
(このギターは使用上モノラル出力ですが、回路上、スイッチ付きを使った方がキャラクターを変えずに済みそうなので、一応「#13」を使いました。)

元通りにハンダ付けし...
ピカピカジャックになりました。


続きまして、
キャビティー内シールドです。

シールドと聞くと、
"楽器に挿してるケーブルでしょ?"
って最初に思い浮かぶと思いますが、確かに。

あのケーブルはシールド構造ケーブルです。
楽器業界で通称"シールド"って感じです。


今回のシールドは、
(電波などを)遮へいする・守るという意味合いの、金属で囲う、
シールディングです。
(スマホや携帯電話の電波が入らない建物ってありますよね?簡単に言うと、建物という金属の塊が電波を通しにくくして、端末のアンテナが立たないんですね。)

そこで使うのが、アルミ箔や銅箔テープなどの

これをキャビティー内に貼り巡らせれば...ノイズとは無縁?!
(※ノイズは様々な要因から発生します。あくまで一例対策とご理解ください。また、過剰なシールディングは音にも影響しますので、自己責任・妥協範囲で施術をお願いします。)


今回は銅箔テープを使用して、さっそく張りました。
貼りすぎはよくない(※)との事なので、
ポットと内部配線をうまい具合サンドイッチできる範囲で貼ってみました。
内部配線もシールド線を使っているのでもともとノイズ対策されていますね。
(今回どのテープを使用したかは下記にて)

そして、ポットなどから出ているグラウンド線
これを接続しないとせっかく張った銅箔テープの効果を得られません。
グランド線をポットから引っ張り、銅箔テープに直にハンダ付けします。


...オペ完了しました!!!!


ではでは、肝心のサウンドチェック...
ノイズ減りましたね!!」
ジィ˝ーーーィ˝だったのが、気にならない程度のサーーーくらいになり、弦ミュートすればほとんど気にならない程度まで減りました!
音質が変わりすぎたり、効果が感じられなかったり、
ダメだったら剥がせばいいしくらいでしたが、
やってよかった!!うんうん。





それでは、このような使い方ができる導電性テープをご紹介します。
アルミ箔・銅箔テープたち


寺岡製作所 #831Sシリーズ
#831S 幅6mm~幅50mm
ベーシックな銅箔テープです。今回のような使い方をする場合、粘着面は導通しないので、切れ目や折り目を付けて重ね貼りします。
テープ幅のバリエーションが多いので、用途によって使い分けるとGOODです。


住友3M(スリーエム) スコッチNo.2245
スコッチNo.2245 幅12mmと幅25mm 1.5mと20mの2種類の長さがあります。
このようにハンダが乗ります。
エンボスタイプの銅箔テープ。表面に直にハンダ付けができるので、グランド線を接続し、#831Sなどに貼る方法もアリですね。


デクセリアルズ Cu7636R
Cu7636R 幅13mm~幅25mm
ちょっと高価ですが、超低抵抗の銅箔テープ。粘着面はニッケル粉とカーボン繊維が混ざっていて導通するので、重ね貼りするだけで面積を広げられ、作業性もGOODなのでシールド用途としてとても優秀です。ちなみにこれも表面に直にハンダ付けできます。
今回使用したのはコレの25mm幅です。他のテープよりハイコストですが、性能面・作業性でこれを選びました。1巻25mもあるので、13mm幅で重ね貼りすれば余らせず使えますね。


寺岡製作所 #833シリーズ
#833 幅12mm~幅50mm
ベーシックなアルミ箔テープ。アルミ箔もシールド用途として利用できます。
銅とアルミでは材質上の表皮抵抗値に差があるため、楽器においては、若干音質の変化も異なるようです。どちらも大して変わらないという意見も聞きますが、あえて明言は控えさせていただきます。安価なのはメリットですね。



と、まあこんな感じで、楽器などの電気回路周りに使われている電材・資材をもオヤイデ電気は取り揃えております。

筐体アースを取らなきゃいけないプラスチック製のケースの内側などにも貼って使われたり、ケーブルに直接巻き付けてシールド効果を高めたりとするケースもありますよ。
ちなみにアルミ箔テープは、キッチン・厨房などのスキマテープとしてもつかわれています。

※ご注意※
今回ご紹介させていただいた導電性テープについて、
適切箇所以外の貼布によるショート等にご注意ください。
施術は自己責任でお願いします。



参考になりましたか?
よかったらシェアお願いします~
以上、ウノツでした

2017年9月18日月曜日

【新商品】Furutechから4.4mm5極プラグ『CF-7445(R)』『FT-7445(R)』が登場!リケーブルカスタマイズでも特注開始!

Furutechから新製品が登場!

ソニーWM-1シリーズ等に対応した
4.4mm5極プラグ「FT-7445(R)」「CF-7445(R)」の2種類が登場!
【左】CF-7445(R)【右】FT-7445(R)


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

Sony WM-1シリーズで採用されている「4.4mm5極プラグ」に、
Furutechから新製品が発売されました!

WM-1の音質が良いと評判で、イヤホンケーブルにも拘りたい方が非常に多いです。
そんな中、高品質な4.4mm5極プラグの登場はWM-1ユーザー待望の新製品となることでしょう!

Furutechは3.5mmステレオミニプラグも人気ですが、
4.4mm5極はどうなっているのでしょうか?

早速中身をチェックしてみましょう!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

付属品
プラグは緩衝材付きで丁寧に梱包されており、
付属品として「収縮チューブ」が同梱されています。
CF-7445(R)
FT-7445(R)

ハウジング
ケーブル出し口は「面取り処理」がされています。
プラグ根元での断線リスクを回避。

美しさすら感じますね。

プラグ内部
ハンダ付け部はキレイにロジウムメッキ処理をされています。
鏡面が出ているのでハンダが乗りにくい場合があります。

茶色い部分は「固定剤」となっており、制振性を高める効果を狙っていますが、
カバーが緩みにくくなるので使用感も良くなります。
オーディオメーカーならではの"拘り"を感じますね。

ちなみにこの二つの違いは「カーボン仕様のカバー」だけで
プラグの構造自体は全く同じになります。

こちらの価格は下記の通り
FT-7445(R) :¥3,150(税別)
CF-7445(R) :¥4,350(税別)


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

というわけで、早速作ってみました!

オーグライン+α撚線(青) & FT-7445(R)
オーグライン+pt撚線(橙) & CF-7445(R)

4.4mm5極のバランス接続で聞いた際、
左右のクロストークが減り、音の鮮明度が上がり、バランス良く聴こえる傾向がありますが、
ロジウムメッキのお陰でその傾向が強く感じられます。

またオーグライン特有の音場の広さを強調をしてくれましたので、
4.4mm5極と相性が良いな~と感じました!

上記の2点、今なら店頭で在庫あり!
もちろん試聴も可能。是非ご来店くださいね。
オーグライン+α撚線(青) & FT-7445(R) ¥31,500(税別)
オーグライン+pt撚線(橙) & CF-7445(R) ¥33,000(税別)


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

さらに・・・!


オンラインショップで好評頂いているリケーブルカスタマイズページに、
このFT-7445(R)」「CF-7445(R)が指定できるようになりました!

全種類のケーブルと組み合わせができます。
やはりオーグライン撚線との組み合わせがベストでしょうか?

「どんな線材を使ったら自分の好みに合うのかな?」
「こういう音が欲しいんだけど何の線材が良いんだろう?」

もしケーブルについて分からないことがあればオヤイデ電気にご相談くださいね~

以上、原田でした。


営業時間:10:00~19:00
定休日 : 日曜日(年末年始)

東京都千代田区外神田1-4-13

☎ 03-3253-9351 FAX 03-3253-9353

メールでのお問い合わせは、こちらのアドレスより!
✉webshop@oyaide.com

【自作】意外と簡単!LANケーブルCat.6A(シールド付き) 【自作編】 

こんにちは!


『週刊サンデン』
ブログです。



今回は、LANケーブルCat.6Aの【自作編】です。


以前のサンデン
『LANケーブルのCAT.5eとCAT.6って何が違うの?で、
LANケーブルの事について書きました。そこで、
今後主流になるであろう、CAT.6A,CAT.7のLANケーブルからCAT.6A LANケーブル(シールド付き)の自作方法専用工具不用で、簡単に出来ちゃうプラグ
テレガードナー製
RJ45プラグ【MFP8】

使ってご紹介します。




~:~~:~~:~~:~~:~~:~~:~~:~~:~
プラグの特徴


内部構造は上の画像のようになってます。


360°方位シールド構造なので、各種ノイズを遮断でき、
安全で信頼性の高いデータ伝送を可能にします。
外来ノイズやケーブルからの自己ノイズ幅射が原因で通信不良になる場所には最適。

さらには、専用工具を必要としないので、誰でも簡単に短時間でプラグのアッセンブリが可能。


という事で、ホントに誰でも簡単に、専用工具無しで自作出来てしまうのか!?

~:~~:~~:~~:~~:~~:~~:~~:~~:~
自作開始
それでは、実際に、
テレガードナー製RJ45プラグ【MFP8】を使って、
Cat.6AのLANケーブルのアッセンブリを始めたいと思います。


テレガードナー製RJ45プラグ【MFP8】

プラグに加工手順書が同梱されていますから、
それを見ながら進められるのは、ありがたいです。

ケーブルは、
シールド付きLANケーブル 4P NSGDT6-10G-S 0.5mm×4Pを使用。(弊社在庫品)

※このCAT6aケーブルはT568B規格対応品です。
見分け方は、十字介在を挟んで、茶色のペアの反対側が
緑色のペアならばT568A、橙色のペアの場合はT568Bとなります。


ケーブルの絶縁シースを5cmところでカットします
カットには、1本あるととっても便利オヤイデスタッフ御用達のハサミ
HOZANのヘビースニップ N-838
おすすめです!

アルミシールドは根元から取り除きます。
カットの際の注意点は、切りすぎて中の電線を切ってしまうこと。
ヘビースニップのように、よく切れるハサミを使用するときは、
絶縁シースに軽く刃を入れて、切れ目を作り、あとは
手で軽く何度か折り曲げると、切れ目が広がります。
あまり、激しく折り曲げると単線なので、折れてしまう場合があるので注意しましょう。

ドレイン線をケーブルの1cmのところまで巻き付けます。

十字介在を根元からカットします
ツイストしたペア線の撚りを戻し、ワイヤーガイドに指定された色の通りに挿入します。
画像のように、細めのドライバーなどを間に入れながら作業すると、
比較的スムースに挿入できました。


特徴其の1

テレガードナー製RJ45プラグ【MFP8】最大の特徴は、専用工具が不用
な事と、もう一つがこのワイヤーガイドこのガイドのおかげで、通常の
コネクターだと、結線方法が書いてあるピン配列シートをみながらコネクターに
挿入していかないといけないので、結構な手間になります。
このようなチャートを見ながらの作業となると結構大変。
ワイヤーガイドには、色と番号が書いてあるので、
この通りにケーブルを挿入すればいいだけ。
これが、作業効率をかなり良くしてくれてます。
上のチャートの画像を見るとわかりますが、
番号は、ちゃんとT-568Bの結線になっています。



ケーブルをワイヤーガイドに挿入




特徴其の2
専用工具不用

ケーブルの結線を行います。ワイヤーガイドをカチッと音がなるまで押していきます。
ここで、通常なら専用工具の登場なんですが、冒頭から何度も言っているように
このコネクターは、専用工具不用。画像のようにペンチで容易に作業ができました。
因みに、手でも押せるか試してみましたが、手ではチョット無理なようです。


ワイヤーガイドからはみ出した部分を、根元から0.5mm以下になるようにカット

反対側の線もカットしたら、保護カバーを取り外しましょう。




基盤の先端部分に反対側にはない、導通部分が見られます


コネクターハウジング内部、下の部分に導通部分が確認出来ます。


ワイヤーガイド側の導通部分を下側にして、コネクターハウジングに挿入。
ワイヤーガイドを画像のように、奥まで挿入します。
この時に、多少力を入れて押し込まないと、奥まで中々入って行きませんでした。

コネクターハウジングをカチッと音がするまではめ込みます。
手順書には、プライヤーレンチやプレス工具でのイメージが載っていますが、
手元に無かったので、ラジオペンチで。コネクターに傷がつかないように、
布でカバーして作業をしました。

ケーブルの太さに合わせて3段階にロック機能が分かれています。
使用したケーブルの外径は7.5mmなので、画像のところまで。

1段階:ケーブル外径7.5~9.0mm
2段階:ケーブル外径6.0~7.5mm
3段階:ケーブル外径5.0~6.0mm
試しに、3段階目まではめ込んでみたら、出来たんですが、
かなりの力技を必要とするので、下手したら割れてしまう可能性を感じましたので、
やはり手順書通りに作業する事をオススメします。


先端の保護キャップを外して、完成!


要した時間は約20分、店舖で別の作業もしながらでしたので、
この作業だけなら、もっと時間短縮できるでしょう。
以前に、Cat.6のLANケーブルをワイヤーガイドを見ながら、
自作した事があったので、それと比べると、
時間もかからないし、作業性も良くて、とても簡単。
値段はチョット高めですが、シールド付Cat6.aのLANケーブルの自作に、
オススメです!



~:~~:~~:~~:
~~:~~:~~:~~:~~:~~:~~:~~:~~:~

日本テレガードナー
専用工具不要 RJ45プラグ MFP8

¥2,808ー(税込)

10Gbit シールド付きLANケーブル

4P NSGDT6-10G-S 0.5mm×4P

  切り売り:¥259 /m(税込)
 
 
1巻(300m) :¥51,840/巻 (税込)

オンラインショッピングページはこちらから⇒

~:~~:~~:~~:
~~:~~:~~:~~:~~:~~:~~:~~:~~:~

是非、秋葉原直営店にお越し下さい。
あなたのご来店をスタッフ一同お待ちしております

総武線高架下、ラジオセンターからオヤイデ電気側を望む


営業時間:10:00~19:00
定休日 : 日曜日(年末年始)

東京都千代田区外神田1-4-13

☎ 03-3253-9351 FAX 03-3253-9353

メールでのお問い合わせは、こちらのアドレスより!

✉webshop@oyaide.com