2013年6月27日木曜日

7/5~7/20 サマーセール「夏のオヤイデ祭り」開催!

7月5日(金曜日)から7月20日(土曜日)まで、
サマーセール「夏のオヤイデ祭り」開催!


INS-BS旧ロット(B級品)が1セット(4個入)
2,940円にて!

   




INS-BD、INS-SQ、INS-CFのうち、いずれか2個お買い上げの方に
INS-BS旧ロット」(B級品)を1セット(4個入)プレゼント
 PCOCC-Aプレミアム楽器用シールドケーブル
PA-01、PA-01Hを処分特価の6割引で!

 
PA-01 PP(ストレート-ストレート) 1.8m 1本 1,890円
PA-01 PP(ストレート-ストレート)3.0m 1本 2,478円
PA-01 LP(L型-ストレート)1.8m 1本 1,932円
PA-01 LP(L型-ストレート)3.0m 1本 2,520円
PA-01 H PP(ストレート-ストレート) 1.8m 1本 1,932円
PA-01 H PP(ストレート-ストレート) 3.0m 1本 2,562円
PA-01 H PP(ストレート-ストレート) 5.0m 1本 3,612円
PA-01 H LP(L型-ストレート) 3.0m 1本 2,604円
PA-01 H LP(L型-ストレート) 5.0m 1本 3,654円


 Belden 8503


青、灰、オレンジ、黄の30.5m巻きがどれも945円

紫、灰、茶の305m巻きがどれも3,150円


通常は、黒、赤、白、オレンジ、青を
1mあたり168円で販売しております。→ こちら!

 カナレ L-5C-2VS 青 20m巻き1,050円

通常は20mで2,940円です。→ こちら!


  
ケーブルは、
1芯シールドのカナレGS6 黒(通常1mあたり362円)
1芯シールドのカナレGS6 青(通常1mあたり362円)
2芯シールドのカナレL-2T2S 赤(通常1mあたり189円)


 ベリリウム銅無メッキの電源プラグIECコネクターがセットで10,500円
(こちらの商品は、店頭販売のみとなりまして、発送は出来かねます。また、発売期間は7月13日一日限りとなりますので予めご了承下さい)
上記写真は電源プラグです。


 MTB-4セラミックホワイト限定5台)が37,800円
ショッピングページはこちら!
 カラーセラミックホワイトコンセントR0×2内部配線PCOCC-A 2.0mm
こちらの商品は7月13日からの発売となります。

 MTB-4セラミックホワイト+TUNAMI NIGO電源ケーブル完成品セット
61,320円
こちらの商品は7月13日からの発売となります。



 MTB-6セラミックホワイト限定5台43,680円 
ショッピングページはこちら!
カラーセラミックホワイトコンセントR0×3内部配線PCOCC-A 2.0mm
こちらの商品は7月13日からの発売となります。

 MTB-6セラミックホワイト+TUNAMI NIGO電源ケーブル完成品セット
67,200円
こちらの商品は7月13日からの発売となります。


※上記、TUNAMI NIGO電源ケーブルは2013年7月13日自作講習会で作るものと同じ製品です。こちらのケーブルはセット販売のみで単独販売は行いませんので、予めご了承下さい。

全て数に限りがございまして、無くなり次第終了となります!
ご希望数をご用意出来ない場合がございますので予めご了承ください。


お問い合わせは、TEL : 03-3253-9351  MAIL : webmaster@oyaide.com まで。

宜しくお願い致します!


2013年6月23日日曜日

BELDENの配線材8503が信じられなーい激安特価で!


BELDENの内部配線材と言えば、
太さがAWG22の 

8503

通常は、黒、赤、白、オレンジ、青を
1mあたり168円で販売しております。→ こちら!


先日、代理店よりデッドストックを格安で入手する事が出来ましたので、

7月のサマーセールにて大放出致します。


色は青、灰、オレンジ、黄の4色


価格は30.5mでなんと945円です。

1mあたり30円ぐらいですね。

衝撃価格です。


そして更に305m巻きです。

こちらは紫、灰、茶の3色です。


価格は305mでなんと3,150円です。

1mあたり10円ぐらいですね。

笑撃価格です。

数はあまりご用意しておりません。

7月のサマーセールで販売しますので、
お見逃しなく!

お問い合わせは、TEL 03-3253-9351まで。
無くなり次第終了となります。

宜しくお願いします。


佐々木でした。

2013年6月19日水曜日

ハンダ付けお得セット

ハンダ付けを始めてみたい方にオススメ!
オヤイデオリジナル
「ハンダコテ3点セット」


ハンダコテ・コテ台・ハンダの3つのセットで
1,953円です!


60Wのコテは1,323円です。
HAKKO REDイメージ
・電子工作、スイッチ、電線の配線に適しています。
・こて先は全機種・長寿命・高耐久こて先を採用。
・グリップ部を一体成型化し、握りやすい構造。


簡易型コテ台はHAKKO No.602693円です。
簡易型のこて台で、使用時はスタンドを立てるだけ、スタンドを倒す事により、
コンパクトに収納できるよう設計されています。
コテを直接置くと危ないのであると便利です。
コテ先の汚れを取る為のクリーニングスポンジは圧縮されています。
水に濡らしてから使用して下さい。


ハンダは、

SN-100C 5m
(幅広く使えます。5mで525円

ケスター44 5m
(楽器用向け。5mで525円

KR-19 SHRMA 2.5m
(高解像度、オーディオ向け。5mで1,050円

の中からお一つお選び下さい。

そして、

自作・工作集を参考に
ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

自分で作ってみると、以外と簡単ですし、安上がりですし、
何より楽しいですよね。
そして、自分好みの音も作れたりしますしね。

是非どーぞ!!

お問い合わせは
TEL:03-3253-9351
まで!


佐々木でした。

ラスマス・フェイバーpresents "Platina Jazz vol.4"発売決定!さらにVol. 1~3のスペシャルセットも販売決定!!



Rasmus Faber presents "Platina Jazz vol.4"発売!

アニソンを見事にJAZZアレンジしたPlatina Jazzシリーズ4作目が登場!!

オヤイデ電気でも特別販売します!また、1/2/3作目をセットにしたお得な限定品もオヤイデ電気で販売します!!


アニメ・ジャズ・カヴァーアルバム・ブームのパイオニア的存在、北欧スウェーデン出身のプロデューサー“ラスマス・フェイバー”による人気プロジェクト第4弾が遂に完成!シリーズ3作にも参加し、また中島愛が参加したことで話題となったビルボードライブでの来日公演にも帯同しているスウェーデン屈指のジャズ・ミュージシャン、そしてアレンジャーが再集結した最新作!

超有名作品である「ドラゴンボールZ」の“CHA-LA HEAD-CHA-LA”や美少女戦士セーラームーンの“ムーンライト伝説”(なんと男性ヴォーカルでカヴァー!?)や、誰もが知ってる懐かしのアニメ「妖怪人間ベム」のテーマや「うる星やつら」の“ラムのラヴソング”、またアニソンを超えた名曲「攻殻機動隊」の“I DO”やガンダムF91&∀ガンダムの楽曲、そして萌えアニメファンには欠かせない「けいおん」や「アイドルマスター」のテーマ曲から、最新の作品である「TIGER&BUNNY」“オリオンをなぞる”(by オヤイデユーザーのUNISON SQUARE GARDEN!)まで、今回も幅広い内容ながらアニソンファンのツボをはずさない選曲となっております。


Vol.4 トラックリストはコチラ!
1. CHA-LA HEAD-CHA-LA (『ドラゴンボールZ』より)
2. MOTTO☆派手にね! (『かんなぎ』より)
3. ミラクル・ガール (『YAWARA!』より)
4. 妖怪人間ベム (『妖怪人間ベム』より)
5. Eternal Blaze (『魔法少女リリカルなのはA’s』より)
6. ラムのラブソング (『うる星やつら』より)
7. 太陽曰く燃えよカオス (『這いよれ!ニャル子さん』より)
8. オリオンをなぞる (『TIGER & BUNNY』より)
9. ムーンライト伝説 (『美少女戦士セーラームーン』より)
10. Eternal Wind ~ほほえみは光る風の中~ (『機動戦士ガンダムF91』より)
11. GO! GO! MANIAC (『けいおん!!』より)
12. I Do (『攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX』より)
13. READY!! (『THE IDOLM@STER』より)
14. ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C (『日常』より)
15. ブルーウォーター (『ふしぎの海のナディア』より)
16. 月の繭 (『∀ GUNDAM』より)
17. 空からこぼれたSTORY (『名探偵ホームズ』より)







そしてそして、今回第4弾の発売を記念して、過去作であるVol.1/2/3のセットをスペシャルプライスで提供。もちろんオヤイデ電気限定企画となります。限定数は5枚となりますので、いずれもお持ちではない方は是非お手にとって、この機会に“Platina Jazz”の素晴らしさを体感してみてください!
















ところで、ラスマス・フェイバー氏といえばオヤイデ・ケーブルのユーザーでもあり、特に第一作目のPlatina Jazz Vol.1の録音では、オヤイデのケーブルを積極的に使用してレコーディングを行っています。

そしてなんと2009年にはスウェーデンの氏のスタジオまでお邪魔してたりもするんですね。

その時のインタビューの模様をどうぞ!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あなた自身のことを紹介してください。日本語で! 

ラスマス・フェイバー(以下 R) : えーっと。ワタシハ、ラスマス・フェイバーデス。オンガク・プロデューサーデス。サウンド・オタクデス(笑)


(笑) ありがとう!  あなたは音楽制作用の機材関連にとても興味をもっているって以前から聞いていたんだけど、ケーブルに関してはどう?
いわゆる一般的といえるケーブルから、高音質を謳っている高価なケーブルに替えることに興味はあった?

R : そうだね、昔はスタジオに導入する機材が沢山あって、すべては凄く高価だったし、やることもいっぱいあった。だから、僕はいつも“OKクオリティ”のものを手に入れようとしてきたけど、高級ケーブルに関しては正直手を出していなかった。
でも、今回オヤイデとケーブルについていろいろディスカッションする機会に恵まれたのが、今の自分のワイヤリング環境の見直し、つまりどんなケーブルを使っていて、それを高品質なケーブルに変えてみるとどうなるのか、試してみる良いきっかけになったよ。



今回のレコーディング(プラチナ・ジャズ vol.1)にタイミングが合う感じでオヤイデ製品を初めて使用してもらったけど、まず最初の印象としてはどうだった?

R : 最初のビジュアル的な印象はオヤイデ製のケーブルは、非常に頑丈にできていて、しっかりと作られている。といった感じだった。実際のスタジオの現場では、ケーブルは毎日いろんなところに引き回され、床に落とされたり、無理な方向に曲げられたりしている。だから、長く使えてしっかりした作りであることは非常に重要なんだ。箱を開けて実際の製品を目の当たりにした時、そういうタフさを備えていると本当に感じたよ。


Platina Jazz vol.1レコーディングの模様。


ケーブルを使い始めてからしばらく経った後、何かケーブルの出音の印象に違いが出てくることはあった?

R : その“違い”に関しては確かにあるとは言えないかな。僕が思うに、スタジオ環境では、たくさんのノイズ源となり得るものや、経年や状況によって変化していくものがいっぱいある。例えば、スタジオの温度が前の日よりも低かったりすると、いくつかの真空管を使っている機材のサウンドは変わってくる。もしケーブルに多少の変化があったとしても、刻々と変化する瞬間の中ではケーブルだけの音質が変化したと特定することは非常に困難だと思う。真のABテストでもしない限りはね。

ただ、すべての機材のチェーンの中で他より接続の信頼性が弱い場所、クオリティが低い部分を作るべきではないとは思う。そのようなことがないよう確実なコネクションを構築するための努力をすることがワイヤリングに関してもっとも重要ではないかな。


ストリングス録音にPA-02&QAC-202を使用。




今回使用してもらったオヤイデ製品の中でどれが一番強烈なインパクトを持っていたと思う?サウンド、使用感、見た目や名前でも理由は何でも。

R : 今回提供してもらった全ての製品が異なった個性をもっていると思うよ。中でも、ケーブルを変えた時のサウンドの変化にすぐ気がついたのは、パワーケーブルを変えたときだった。でも、おそらくスタジオ環境ではラインケーブルをチープなものから高品質のケーブルに変えることの方が重要だと思う。PA-02とQAC-202は、その造りや音質も含めたクオリティに安心して今回のレコーディングに使用することができた。そしてカスタムしてもらったマルチケーブルのPA-08は究極に便利だったし、非常に良く造られているよ。
このPA-08のD-subケーブルのバージョンは僕のスタジオにあるD-subパッチベイ用に使わせてもらったんだけど、パッチベイ使用の際はなるべく音質を劣化させないことが非常に重要なんだ。パッチベイのイン・アウトにPA-08を使用することができたのも安心できる要素だった。



QAC-202をマイク用にセッティング

ケーブルそれぞれの使用状況とあわせてあなたの意見を聞きたいんだけど、たとえばマイク用に使っていたケーブルをPA-02に変えてみてどう思った?

R : ちょっとこれは別の質問の答えになっちゃうけど、ケーブルが割れたりノイズが乗ったり、ケーブル自体が壊れてしまうというようなことが、オヤイデのケーブルでは起こらないと思う。無茶苦茶な使い方をしない限りはの話だけど。

マイクのケーブルをPA-02に変えた時の音質変化だけど、現実的に話をすると、その違いはとても小さいものだった。マイキングでは物理的な空間が考慮され、小さな環境の変化による非常に大きな音の変化がある。そういう状況でその小さな変化が一体どこから来ているのか一発で特定することはとても困難なんだ。マイクのケーブルを変えた、ということだけでも、室内にいる人が少しでも動いたり、モニタリングの位置が若干でも変わったり、演奏者やボーカリストの表現がすこし変わったりしても、レコーディングの結果はもちろん変化してくるよね。

だから、テストをしてもケーブルそれ自体にどういう変化が起こっているかを知ることは難しいと言わざるを得ないけど、オヤイデのケーブルのようなグッド・クオリティーの物を使えば、ケーブルが音質を劣化させることはないという安心を得ることができる。それが非常に重要なことなんだ。

もし、安いケーブルをずっと使っていたら、壊れるかもしれないし、小さいノイズが聞こえたりするかも知れない。その時にはスタジオの床を這いまわりながらノイズ源はどこかと探し回る破目になる。この心配をしなくて済むのがケーブル周りを良くする必要性の最大の理由だと思うよ




ヨーロッパでの音楽制作環境では、電源ケーブルを変えることは基本的にやらない、という話を以前聞いたけど、実際に君のスウェーデンのプライベートスタジオで、モニタースピーカー、オーディオI/O、そしてアナログミキサーの電源を変えた時どう思った? 

R: モニタースピーカーのケーブルをBlack-mambaに変えてみて、出音の変化を聞き取れた訳だけど、僕が思うにレディオ・インターフェアレンスによるものとシールド性能が高いからだと思う。とにかく何かが起こっているということだよね。この理由が100%確かとは言えないけど。
質問にある、パワーケーブルを変えることがヨーロッパのスタジオ・コミュニティーではポピュラーでは無いことなんだけど、僕の見解では、スタジオがほとんどの現代的な建物にあるような安全な電源環境を備えているということは、よっぽど酷い品質のものが業者によって使われていない限り、一応まともな品質のケーブルが使われているということになるし、それで問題は起こらない。

それともうひとつ言えることは、それを使う人の目的がなんであるか、ということになる。僕がスタジオにいる目的は、再生する時に、できる限界までノイズを排除したものをただ座って聴くことではない。自分のリスニング・プレジャーを満たすためではなく、スタジオの環境を向上させていくためにやるべきことしていくことなんだ。もし何かを変えた時に得られる向上が極々小さなものであったなら、それは僕の最終的なMIXを良くすることはない。

なぜなら、繰り返すようだけど、より大きなサウンドの変化を引き起こす要素は他にも非常にたくさんある。スピーカーやその置く位置、ルーム・アコースティック、その日の体調、イスの座り方など。僕個人的には、パワーケーブルによって自分のサウンドに何か変化をもたらすことができたことはエキサイティングだった。だから、どこに興味があって、どこにお金を使っていくかという問題になってくる。もしオーディオファイルのように座ってただ音楽を楽しむということが目的なら、できる限りクリアでクリーンなサウンドを再生するためにその限界を少しでも押し上げていきたいところだろう。でもスタジオでは全く違う状況があって、それはとにかく結果を残すためのものである。それは最大限までクッキリしたサウンドを得ることが必要ということなのでは無くて、高いサウンドクオリティーを持ったレコーディングを残すためにたくさんのやるべきことをやるということなんだ。


欧州仕様の電源ディストリビューター MTS-6e を手に笑顔のラスマス氏

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と、いうことで、安定した結果を残すために良質なケーブルを使うことに意味がある。と語っていたことが特に印象的で、プロフェッショナルのためのケーブルとして非常にポジティブな意見を頂きました。。


Platina Jazz シリーズ、どちらも甲乙つけがたいほどのハイ・クオリティに仕上がっており、アニメ好きな方にも、ジャズ好きな方にも、そして両方ともあまり深くは知らないけれど音楽は大好きって方にも、もちろんオススメです!


Rasmus Faber presents Platina Jazz Orchestra
















2013年6月16日日曜日

ポッキンゴムプラグ

ポッキンゴムプラグ

アースピンが倒れますので、
3Pでありながら2Pのコンセントにも挿すことが出来ます!


「ぽっきん!」
便利ですね!


125V / 15A
しかも防雨型です!

主にOA機器・自動販売機・電動工具・作業施設等で使用されています。
ボディーカラーはグリーンのみです。
VCTF 2.0sq 3芯程度までは使えますが、
それ以上の仕上り外形のケーブルは厳しいです。
また、結線には圧着端子を使用しますと、
強度も増して安心してご使用出来ます。
価格は
おひとつ1,008円です。
コレさえあれば2Pのコンセントでも3P
のコンセントでもすぐに使えます!


どうぞ宜しくお願い致します。


佐々木でした。

2013年6月12日水曜日

カーボンスリーブが安かったのでカーボン柄のケーブル作ってみた。

皆さん、「カーボンスリーブ」って知ってますか?

こんなやつです。


--------------------------------------------

「炭素繊維を樹脂でコーティング加工した、純カーボンのチューブです。
このカーボンスリーブは導電性があり、編組密度が高いため、シールド効果に優れます。
最先端軍事、航空宇宙機体、ホッケースティック、釣竿、車など様々な所に使用されます。

・軽量で強度に優れ、伸縮性が高く、圧縮すると約1.5倍に広がります。
・導電性に優れ、編組密度が高く、シールド効果が高いです。」

--------------------------------------------


凄いですね。
被せるだけでシールド効果があるんですって。

実物は下記の写真のように、ちょっとゴワゴワしてます。

とても完璧に見えるカーボンスリーブですが、、、

値段が高いです。
1mなんと1,260円!!!(税込)


あとは擦ったりするとカーボンが毛羽立ってしまう場合があります。
他にもはさみで切ったりしてるとカーボンが空気を舞ってしまう場合などもあり、
カーボンは若干取り扱いに注意が必要になります。

***

そんなカーボンなもんで、

実は毛羽立ってしまったカーボンスリーブ(6.35mm)の在庫が出てきまして、
現在秋葉原店舗で特別価格にて販売中です。

購入希望の方は直接店舗までお問い合わせください。


結構毛羽ってますよね。




が、ここで閃きました。

「毛羽立ってるなら、チューブを被せればいいじゃない。」


***

ということで、この激安カーボンスリーブを仕入れ、
早速自作したいと思います!


今回は「Belden 88760」を使用します。
フッ素樹脂被覆の2芯(AWG18)アルミシールド構造で、細身でありながら音質が良いので、
オーディオ好きの方がよく買っていかれます。



ここで新たに店舗で在庫するようになりました「ヒシチューブ 13mm」を使います。


ヒシチューブの特徴は「透明度が高い」「収縮温度が低い」という点です。
40℃から収縮が始まるので、恐らくドライヤーの熱でも収縮しそうな使用感でした。
そして透明度が高いので、収縮後も中に何が入っているのか綺麗に見て取れます。
この収縮チューブはリールに巻かれているので切り売り販売してます。(1m105円)




実際に入れてみた。


収縮チューブの中に毛羽立ったカーボンが取り残されてます。
これを収縮するとどうなるのでしょうか。。。?


****




意外と綺麗な見た目になりました。
サイズもぴったりでした。

が、88760自体が薄い被膜の為、表面がボコボコしている仕様なのですが、
収縮後も88760のデコボコが出てしまっているのが気になる。
※写真じゃ分かりにくいですが、実際も触ったら分かる程度ですね。

Belden8412やMogami 2534での仕上がり後が少し気になるので作ってみようかなと思います。



プラグもつけるとこんな感じに。



意外と立派なカーボン柄のケーブルになってます
とっても高級感があってかっこいいです。


ただヒシチューブは収縮後が結構硬くなってパリパリした感触になるので、
あまり曲げることはできません。



88760にヒシチューブを被せたらこのぐらいでキープしちゃう。
曲げると勝手にここまで戻ってきちゃいますね。

ちなみにケーブルはデジタルワイヤレス用ケーブルを作ってみました。
オヤイデ製品でいうと「WL-606XL」と互換性のあるケーブルになりますので、
Line6 G50/G90やSHURE PGX14などで使用することが出来ます。


*****



ちなみにヒシチューブ13mmは約8mmのケーブルなら入れることが出来ます。
お気に入りのケーブルをカーボン柄にしてみたい方、
「毛羽立ってても良いよ!」っていう方、
是非激安価格のうちに購入を検討されてみては如何でしょうか。


ご注文の際にはお電話にてどうぞ
TEL:03-3253-9351 


原田でした。


2013年6月9日日曜日

locofrank HAWAIIAN6 dustbox まさかの共作リリース「THE ANTHEMS」




3BANDが4曲もの新曲を持ちより総新曲数12曲という衝撃の新作を発表!
どの曲もこのタイトルの為に制作されたのだが、一歩でも引いたら取り込まれるというプレッシャーの中、各々が作り上げた楽曲は結果として即ライブアンセムになること必須の各バンドを代表する新たな名曲達が誕生する事となった!

これは単なる3WAYの企画ものコンピではない。
2010年代を語り継ぐ上でのマストアルバムだ!


オヤイデロゴ、OYAIDE/NEOロゴのクレジット
ありがとうございます!



ご愛用のシールドケーブルは
でございます!



ぜひどうぞ!!


佐々木でした。

THE NEATBEATS&Mr.Panの7インチシングルレコード

結成16周年目突入のTHE NEATBEATSのニュー・シングルが数量限定7"アナログ盤で発売。ライブ会場販売 & OFFICIAL WEB通販のみで限定発売されたCDシングルがアナログ化。カッティング・ギタリストの名手、THE PIRATESでお馴染み、ミック・グリーンが60年代中期に一時在籍したBILLY J.KRAMER & THE DAKOTAS名義の隠れたマニア曲、「I LIVE TO LOVE YOU」の秀逸カバーと新オリジナル曲、「キミのジェット」を収録。こだわりのUK盤仕様(プッシュアウト・センター方式)、ミックスカラー・ビニール盤。もちろん今回も国内最高峰といえるビンテージ機材オンリーのGRAND-FROG STUDIO産、英国60Sサウンドが全開です。イギリス・アビー・ロード・スタジオと同モデルの機材を駆使してのモノラル録音!!


TITLE : I LIVE TO LOVE YOU
RELEASE NO. : MS45-045
FORMAT : 7" SINGLE
LABEL : MAJESTIC SOUND RECORDS(JPN)
RELEASE DATE : 2013/5/22


そして・・

シカゴの有名ブルース・レーベル、CHESS RECORDSに捧げるブルース・トリビュート・シリーズ。THE NEATBEATSのMR.PAN(Vo/Gt)が数年前よりレコーディングを重ね、遂に初のリリース作品が限定7"アナログ盤で発売。2010年に既に録音されていた本作のA面はロッキン・ブルースの雄、ジミー・ロジャースの「ROCK THIS HOUSE」、B面はチャック・ベリーの隠れ名曲といわれるスチール・ギター・ナンバー、「BLUES FOR HAWAIIANS」。ウッド・ベースも導入した本格派ロッキン・ブルース・サウンド。ビンテージ機材オンリーのGRAND-FROG STUDIOでモノラル録音。CHESSスタジオで使用された同モデルのAMPEX社のテープレコーダーも使用されている。今回のメンバーは元THE DEATH DEALERS(THE NEATBEATSの前身バンド)の刀根直和がウッドベース、ドラムに元THE NEATBEATSの楠部真也、ピアノにROLLIN' ROCKS/THE 88の笠井政弘、ギターにJACKIE & THE CEDRICSのROCKIN' ENOCKYという50~60sミュージックに精通した強力メンバーでのレコーディング・セッション。


ARTIST : MR.PAN & HIS BLUES GENTS
TITLE : ROCK THIS HOUSE
RELEASE NO. : MS45-046
FORMAT : 7" SINGLE
LABEL : MAJESTIC SOUND RECORDS(JPN)
RELEASE DATE : 2013/5/22


アナログレコードいいですよね!

オヤイデ電気では、
アナログレコードアクセサリーも充実しております!


そして、シールドケーブルと言えば、
やっぱりカールコードですね。
モガミ2549カールコード
絶賛発売中です!



そして更に同レーベル
MAJESTIC SOUND RECORDS より発売!
唯一無二のKILLER R&B グループ
SHOTGUN RUNNERS
の3rd アルバム
THE TWO FACES OF CHILDREN'S BOOGIE


ロックンロールに必要なものって何?
ホットとクール、夢と愛、冷めた笑い・・・?
うん、そんなの最初から全部詰まってる。
でもショットガンにはあれがあるんだよ、あれが!
本気のロマンってやつが!
マツキタイジロウ(SCOOBIE DO)


どうぞ宜しくお願いします!!


佐々木でした。