2017年2月21日火曜日

大人気商品!オヤイデ内部配線3398シリーズってあんなことにもこんなことにも使えるって知ってました?

と、いきなり3398ケーブルと言われても何じゃらほいという方も大勢いらっしゃるはず。ということでまずは改めて紹介させて頂きますね。


3398シリーズ精密導体”102 SSC”を使ったUL規格のオーディオ用機器配線材です。種類は3種のサイズ違い(色:白/黒)と1芯シールド(黒)の計7品目。(下記スペック参照)

3398-16:導体断面積AWG16(0.18mm×52)1.25sq 仕上外径:2.4mm 色:白・黒
3398-18:導体断面積AWG18(0.18mm×34)0.75sq 仕上外径:2.0mm 色:白・黒
3398-22:導体断面積AWG22(0.18mm×13)0.3sq 仕上外径:1.6mm 色:白・黒
3398-SY:導体断面積〈中心AWG20(0.18mm×21)0.5sq〉〈シールドAWG17(0.18mm×34)0.86sq〉 仕上外径:3.0mm 色:黒

これがまた色んな使い道があるのです。基本は機器の内部配線なのですが、例えば店限定ですが、3398-228本編みにしてスピーカーケーブルにしてみたり、4本編みでヘッドホンケーブルを作ってみたり、3398-18なんかは白黒2本をツイストしたエフェクター用DCケーブルとして市販されています。3398-164本ツイスト仕様で楽器のスピーカー/アンプ用ケーブルとして販売を開始しました。


3398-22 8本編みをスピーカーケーブルに!
3398-18を2本ツイストしたDC-3398シリーズ
3398-16を4本ツイストしたSP-3398シリーズ

とまあ1芯ケーブルというのはそこかしこで使われており用途も色々ですが、オヤイデが提唱する使い方は折角102 SSC導体を使っているのだからここは是非とも音響(オーディオ)機器用の材料として使って頂きたい。まあすみませんが、価格もそこそこしますしね。と言っても完成品でなければ中々リーズナブルですよ!お客さん!


3398-SY
また3398-SYはUL規格でこそないまでも、102 SSCによる中心導体0.5sq、外径なんと3mmのシールドケーブルです。中心導体が0.5sqというとライン入出力には十分対応するサイズ。何ならオーディオ用ラインケーブルにも使えますし、DC電源ケーブルとしても、何ならエフェクターのパッチケーブルにも、乱暴に使わなければギター用シールドケーブルにもイケちゃうスペックです。ちなみに3398-SYを使用したオヤイデ店舗オリジナル商品として、フォノケーブル自作セットも絶賛販売中。
フォノケーブル自作セット

もちろんオーディオ機器の内部配線としても、楽器機材の内部配線としても、上記のようなケーブル類としてもばっちり使えてしまう訳です。そして何より使って102 SSCの音質を体験して欲しい!そんな魅力的なケーブルなのでございます。

精密導体”102 SSC”については何度も何度もご説明させて頂いておりますが、もっともっと知ってほしいのです。何故なら使えば多分お分かりになって頂けると思いますが、数あるオーディオ用導体の中でも、「精密導体」を謳ってる以上、その品質には自信があります。また我々オヤイデ電気は電線に対して60有余年の経験と実績を根拠とした知識と開発環境が整っているのは、これはもう揺るぎない事実です。何でこの素材で、こうしたら、ああなる、みたいなことを恐らくどのメーカーや業者さんよりも実績として経験しています。その上で不思議な言葉や謎な工程を行うことなく、一定のクオリティをクリアした素材をとことん精密に作り上げた唯一無二の導体、”102 SSC”を体験して頂きたいな~。興味のある方は是非読んでください!

そしてこの”102 SSC”を一番身近に体験できる商品が3398シリーズです。サイズによって使い方は色々。基本的な音質傾向は変わりませんが、太さによって性能や音の重心は変わってきます。そうしたサイズによる変化を体験するもよし、その性質を知って適材適所に使うもよし、とにかく可能性の広いケーブル、それが3398シリーズなのです。


2017年2月20日月曜日

熱にも強くて、寒さにも強いというシリコンケーブルを冷凍してみた!

まだまだ寒いですね。そんな毎日、みなさまどうお過ごしでしょうか?
私は暖房の効いた部屋で、こたつに入ってアイス食べてます!
夏は夏で、冷房の効いた部屋で扇風機回してアイス食べてます!
こんにちは。オヤイデイチのアイス好き、根津です。
ほぼ毎日アイス食べてます。ルーティンワークです。
今のお気に入りがこちら。

MOW あずき

いくらでも食べれます。期間限定なのが悔やまれます。
暖かくなってくると、いつの間にかスーパーから消えていっちゃうんですよね・・・。
で、何気にアイスのパッケージの裏面を見てみると、こんな記載が。


アレルギー情報の下に、「要冷凍 -18℃以下」との記載が。
「あー、アイスって-18℃以下で保存しないとダメなのか」と。
「ってことは、うちの冷凍庫も-18℃以下になっているんだな」と。
「そういえば、オヤイデで売ってるシリコン線って、昔、どこかのテレビ局の方が冬季オリンピックの取材か何かで使ったぐらい、寒さにも強いって話を、聞いたことがあったなぁ」なんてことを、ふと思い出したのです。

そうだ、凍らせてみよう!

ということで、「今週の週刊サンデン」は「Let's冷凍!シリコンケーブル」です。


今回使用したケーブルは、こちら!


シリコンケーブルを5種類。左上から、
使用可能温度は、RSCBが180℃~-60℃、シールド線と平行線が150℃~-50℃。

比較に使用したケーブルは、こちらの5種類。同じく左上から、




通常時が、どんな感じが比較の写真を撮ってみます。


RSCB1.25sqとUL1015 AWG14


RSCB3.5sqとKIV3.5sq


RSF-MS0.2sq 1芯シールドと軟質シールド0.3sqx1芯



RSF-W0.5sqとVFF0.3sq


RS-4C2VSとS-4CFB

全ての写真において、内側にある、
よりしなやかなものがシリコンケーブルです。
で、このあと全てのケーブルを、極力まっすぐに直して冷凍庫にイン!


したかったのですが、RS-4C2VSにかんしては、コシが強すぎて曲がったままでした。

で、約6時間ほど冷凍庫にイン!
その結果は・・・。


RSCB1.25sqとUL1015 AWG14




RSCB3.5sqとKIV3.5sq


RSF-MS0.2sq 1芯シールドと軟質シールド0.3sqx1芯


RSF-W0.5sqとVFF0.3sq


RS-4C2VSとS-4CFB

いやー、びっくりですね。同じ写真じゃないかってぐらい、違いがわからない。
触った感じは、ビニル被覆のものは固かったんですが、
この写真じゃ全く伝わりませんね。
冷凍する前と同様、内側にあるものがシリコン線です。
触った感じも、しなやかさは失っていませんでした。


一番違いが出たので、こんな感じです。
RSF-MS0.2sq 1芯シールドと軟質シールド0.3sqx1芯


困ったなぁ。もっと違いが出るかと思ったんですが、
家庭の冷蔵庫では冷気が弱いんでしょうか?

とりあえず、水の張ったタッパーにケーブルを入れて、凍らせてみます。


結果は・・・。



カッチカチです
氷を割って、さっそく取り出すと・・・



黒いケーブルがシリコン線です
比較するとこんな感じに


左が凍結前。右が凍結後です。

わかります?青いビニル線は、曲がったまんま。
それに対してシリコン線は、冷凍前と変わらず、
ほぼまっすぐのままです。

ちょっとわかりづらい写真で申し訳ないのですが、
結果として、シリコン線のしなやかさは変わりませんでした。
対してビニル線は、固くなってしまいました。
日本国内の過去最低気温は-41℃だそうです。
シリコン線は、日本国内であれば、どこでも使えるようです。
極寒の地へお出かけの方、ぜひご使用ください。

お問い合わせは下記まで!
TEL03‐3253‐9351

以上、根津でした。



2017年2月15日水曜日

訳あってケーブルの自作をお考えのそこのあなた!ケーブルの自作は実はそんなに難しくありません!

ごきげんよう、オヤイデ電気です。ケーブル、高いですよね。オーディオ用ケーブルなんて考えられない位高いのありますもんね。今日はそんなあなたに朗報!という程の事でもないのですが、ケーブルの自作のご提案をさせて頂こうかと考えております。

そもそもまずケーブルに金をかけるなんてナンセンスだとお考えのあなた、今ケーブルで不便はありませんか?ケーブルが短いとか、細いとか、ノイズが気になるとかetc...。こうした問題を解決するには2つの選択肢があります。実際私もその2つの選択肢を彷徨いながら現在に至ったクチですので。

え?その2つの選択肢って何だ?…そうでした。
一つは条件が整った安いケーブルを買う。
もう一つはもっと安くて良いものを自作で揃える。です。

私なんかは10代で楽器とかオーディオ機器に興味を持ち始めたのですが、それらに必要不可欠なのが何気にケーブルだったりします。ケーブルがないと音が出ないという根本的問題がある訳です。でも若さは楽器や機材には興味を抱くもののケーブルにはなかなか及びません。「ああっ!シールドがないっ!」となったとしたらもう楽器屋の中に置いてある中でも安くてちゃっちいケーブルで妥協してしまうんですね。

でそのうち問題が起きるのです。「あ、あれ?すげーノイズ、なにこれ?…」「あ、あれ?なんか接触が悪い…なんだこれ?…」「わー、短いじゃん、どうしよう…」みたいな。

そうなったときです、「ケーブル、ある程度ちゃんとしたやつじゃないとやばいなこれ」となる訳です。でもケーブルに使う金は惜しい。だけど丈夫でノイズに強いケーブルが必要。じゃあどうしましょう? カナレの完成品はちょっと高いけど、「あれ?ケーブルだけだとこんなに安いの?」「お?プラグも案外安いのあんじゃん!」「う~ん、でも自作はやったことないし、そもそも自信がないな~」と、そんな時、あなたの強い味方になるのが我々オヤイデ軍団なのです!

そりゃね、自作をするっていうのは最初の最初はハードルありますよ。何たってはんだごて握りますからね。でも幸いにも技術の時間にはんだごてを握ったことがあるというあなた!あなた、ラッキーですね。そんなあなたには我々がレクチャーをして差し上げますよ!

ずぶの素人だというあなた!ちょっと待ってください、諦めるのはまだ早い!あなたは今何を必要としていますか?ケーブルでしょ?何事も経験です!人間失敗して成長するのです!何でもそうですが努力は人を裏切りません!Let's自作!

…とその前に、ケーブルの自作はですね、自作する環境さえ何とかすれば案外誰にでも出来ます。そりゃね、ケーブルとかプラグの構造によっては難易度が高くなることもありますけど、基本的にはそんなに難しいものではないのです。大事なのはちょっとしたやる気だけ。

何でもそうですけどコツってあるじゃないですか。そのコツっていうのは経験を重ねることで掴むのが一般的。しかし時代は変わりました!何も失敗を繰り返してコツを掴む必要はないのです!うまいことやっている人の技術を踏襲すればいいのです!(時代、関係ないですね)。まずはこれを見てください。

このはんだ付け、見事としか言いようがありません。私も大概はんだ付けは慣れっこですが、この手さばきはどうでしょう、何回見ても見事です。多分これオヤイデ電気の店長だと思うんですけど、あいつ何でも出来やがるぜ! …まあこの動画は言わば出来る人の見本です。必ずしもここを目指す必要はありませんが、ここまで出来たら気持ちいいですよね。
予備はんだのやり方

え?何々?はんだ付けはやりたくない?…そうですか…。じゃあそんなあなたにはこれ!


最近はですね、ソルダーレス(組み立て式・はんだ付けなし)のプラグもございます。使えるケーブルなどは限られますが、立派に機能はしますのでこれも選択肢のひとつですね。

ではここからははんだ付けが必要な自作についてご説明いたします。まず工具ね。最低限必要なのははんだとはんだごて。それからケーブルを切るためのはさみとかニッパーとか、あとケーブルをプラグに固定(カシメる)するためのペンチ位ですか。最低限でいうとこんな感じ。はんだごて以外は100円ショップとかで揃うんじゃないかな。

まず道具が揃ったら次のポイントはケーブルの外装シースをむく作業ですね。この作業のコツを掴む/掴まないが、この先あなたが自作をやるかやらないかの境目ともいえる工程!。例えばはさみで外装シースをぐるっと一周カットした時にシールドも一緒に切っちゃった、なんてことがあり勝ちなんですよね。電工ナイフかなんかでクルッとカット出来ちゃえば問題ないのですが。

しかしこれもコツ、あるんです。道具ははさみでもカッターでもどっちでもいいんですけどね、ちゃんと切れるやつを使ってください。と、ここでいいブログを発見したのでよろしければご参照ください。

http://oyaideshop.blogspot.jp/2014/01/blog-post.html

え?これだけ見せられても肝心のテクニックが分からない? そうですねそうですね、何せ力加減なもんですから、こればかりは慣れですが、なんならケーブルに刃をあててくるっと切ってみてください。何回かやっていると何となく外装シースと導体の境目が判るんじゃないでしょうか。というか大体ですが外装シースや絶縁体は導体より柔らかい場合が多いので、刃をあてがってゆっくり回していれば切れているのが目視でも確認できます。
video

●材料は以下のリンクからどうぞ●

★楽器用ケーブルを作りたい!
プラグ→ http://oyaide.com/catalog/categories/c-164/categories/c-164_207/categories/c-164_207_171.html
ケーブル→ http://oyaide.com/catalog/categories/c-164/categories/c-164_210.html?limit=60
ギターケーブル自作セット→ http://oyaide.com/catalog/p-5227.html

イヤホン/ヘッドホンリケーブルを作りたい!
プラグ→ http://oyaide.com/catalog/categories/head/e-a-oec-a-c-a-a-a-a-a.html
ケーブル→ http://oyaide.com/catalog/categories/head/e-a-oec-a-a-sa-a-sa-a-a-a.html

オーディオ用ラインケーブルを作りたい!
プラグ→ http://oyaide.com/catalog/categories/c-1/categories/c-1_5.html
ケーブル→ http://oyaide.com/catalog/categories/c-1/categories/c-1_6/categories/c-1_6_44.html

スピーカーケーブルを作りたい!
プラグ→ http://oyaide.com/catalog/categories/c-1/categories/c-1_5/categories/c-1_5_59.html
ケーブル→ http://oyaide.com/catalog/categories/c-1/categories/c-1_16/categories/c-1_16_46.html

電源ケーブルを作りたい!※基本はんだ不要
プラグ・コネクタ→ http://oyaide.com/catalog/categories/c-1/categories/c-1_17/categories/c-1_17_37.html
ケーブル→ http://oyaide.com/catalog/categories/c-1/categories/c-1_17/categories/c-1_17_36.html

はんだ・工具→ http://oyaide.com/catalog/categories/c-164/categories/c-164_174.html

重要なのは、ケーブルやプラグを固定することと、はんだ付けをする場合は予備はんだを行うことです。プラグと導体にはんだが馴染んでいれば結線しやすいですよ。

そしてもう一つ、はんだ付けの重要なポイントは利き手にはんだごてを持って利き手じゃない方ではんだを持ちます。その時はんだ付けする対象物がいい感じに固定されているととてもやり易いのです。

そこで便利なのがバイス(万力)です。昔のブログですが見てみてください。

あとテスターで固定するってのも一つの手です。

ということでLET'Sチャレンジ!





2017年2月13日月曜日

スパイラルマーク!色物エナメル撚り線!まだまだあります、加工電線

希望の長さに切断、ボビン巻き、プラグ取り付け(※販売品に限る)、接着、ツイストなどなど、
オヤイデではご依頼に合わせて電線を加工したり、
中にはあらかじめ加工済みの商品も在庫販売しています。


ところがどっこい、世の中には「あんなこといいな」「できたらいいな」と言う声は尽きません。

こんな電線は無理かもなぁ、、、なんてご依頼、いったんオヤイデに投げてみてはいかがでしょうか?
今回のサイデンはそんな声にお応えできるかもしれない一風変わった加工電線をご紹介。



①『スパイラルマーク加工』


上の写真、遠目に見ると色違いの電線ツイストしたようにも見えますが、
実はスパイラルマーク加工をした配線材です。
 PVCやポリエチレン絶縁体の電線の表面に、スパイラル状にラインを印刷できます。
 対応電線サイズはAWG 26~6(=0.12sq~14sq)程度。
数量は100m×1巻から加工可能です。

こちらは緑シースに黄色のスパイラルマークを施したもの(サンプル品)


通常販売しているKIVのバーチカル(vertical:垂直)だと縦割り2色 ですが、
スパイラルマークは1~3本の線(色違いも可能!)が印刷できます。
緑/黄のバーチカル



②『色物エナメル撚り線』

写真では伝わりにくいのですが、見た目かなり綺麗です。

テクノーラ繊維を中心に0.08mmのUEW(緑)を撚り合わせた物


この撚り線、ポイントは2つあります!

ポイント その1 ・・・ 『色』
オヤイデではの色物UEWを取り扱っておりますが、在庫品は一部のサイズに限られます。
ですが、ご依頼があればこのように細い色物UEWも製作可能です
対応色もなどまだまだあります。※数量は5㎏程度から。ご相談ください。





ポイント その2 ・・・ 『撚り』
0.08mmといった極細線でも撚っちゃいます!
上記の色物撚り線のように中心に繊維を組み合わせたパターンもあれば、
下の画像のようにロープのように束ねたパターンもご対応可能です。



 こちらはなんと0.05mmのUEWを1000本以上束ねたもの!!
似たようなカーボンリード線(CB)の2.0sqでも素線構成は0.12mm×175本なので、いかに細かいかが分かります! 





こういった仕様はどれも1点物の為、商品展開はしておりません。
もちろん必ずしもご要望通りとはならず、ご注文とはならないケースもあります。

しかし、ご相談を受け、詳細を詰め、ご注文を頂き、
時間をかけて出来上がった商品を目の当りにすると、
商品を送り出す側としても感慨深い気持ちになります。


 販売ページはなくとも、お客様のご依頼があれば色んな事に挑戦いたします!
お店やオンラインなど、お気軽にお問合せください! 


→→ボビン巻きだけでもお気軽にどうぞ。

↓お問い合わせはこちらまで↓
直売店舗 TEL:03-3253-9351 FAX03-3253-9353
本社 TEL03-5684-2151 FAX03-5684-2150(24h)
 E-mail:webshop@oyaide.com



齋藤新でした。

2017年2月10日金曜日

【超特別価格】屋内配線材「EE/F-S 2.0 V2」の2芯バージョン!

緊急入荷!
EE/F-S 2.0 V2の2芯バージョンを
驚愕の価格でご奉仕させて頂きます!!

極太仕様の屋内配線材として名を馳せています。

オーディオマニアにおいて屋内配線材は音質を左右する重要な線材
屋内配線の認知はこの「EE/F-S」が広めたと言っても過言ではありません。

ブレーカーから壁コンセントまでの距離は、
電源の上流に近い電源の改善は、音質に多大な影響を及ぼすことを広めてきました。

そんな「EE/F-S 2.0 V2」の絶大なる効果を
驚愕価格で体験できるチャンスでございます!

きつめに巻かれた「銅テープ+ドレインワイヤー」により高い遮蔽率を誇り、
耐ノイズ性を飛躍的に向上。
また振動特性の改善により、定位の安定化にも貢献。

●接地なしの「屋内配線」
●スピーカーケーブル用途もOK
●アンプ内部のアース母線や、電源タップ等の内部配線にも。
●シールドがついているので、ラインケーブルにも(超マニアック?)
●楽器ユーザーには極太DCケーブル(超オタク?!)

色んな用途において精密導体102SSCが
あらゆる機器の性能を向上させてくれることでしょう!

100m巻姿。でかいです。
こちらの価格、試作品につき・・・
何と¥680/m(税別)※売り切れ次第終了

オーディオルーム新設などで長尺が必要な方には、
100m巻での発送も対応させて頂いております。

   ~なぜこんなに安いの?~   
工場の発注ミスにおいて、本来3芯のタイプを作らないといけないところが、
2芯ができてしまいました。

つまりミスロット品の為、この価格&仕様で販売できるのは、
このロットが最初で最後

もちろん精密導体の102SSCを使い、性能・取得規格(PSE,定格)は
3芯タイプと何も変わりません。

この機会に是非お試しください!

=====================


営業時間:10:00~19:00

〒101-0021
東京都千代田区外神田1-4-13
☎ 03-3253-9351 FAX 03-3253-9353

メールでのお問い合わせは、こちらのアドレスより!
✉webshop@oyaide.com


【電源ケーブル自作入門】楽器弾き向け!電源プラグ・コネクター音質比較【永久保存版】

*****************************************
電源ケーブルを自作しようと考えている皆様、
電源ケーブルにおいて「電源プラグ」「電源コネクター」
音質面において非常に重要なのはご存知でしょうか?

メッキの違いブレードの材質構造」など、
電源部における接点音質が変化しやすい箇所なのです。
これらの要素を理解すれば、電源ケーブルで”好みの音質”に近づけることもできます。

これを見て、自分だけのオリジナル電源ケーブルを作ってみては如何でしょうか!?

*****************************************



最大ケーブル径:17.0mm
最大導体サイズ:5.5sq(AWG10)
オヤイデ / M1 & F1
メッキ:プラチナ+パラジウムメッキ
電極の材質:ベリリウム銅
M1 & F1専用のボディと”50系アルミ合金削り出し”によって作られたハウジングが音響特性を飛躍的に向上。P/C-004よりも繊細な表現力と、躍動感溢れるダイナミクスを持つ。キリッとした高域特性により音場感&スピード感が向上。高解像度&ワイドレンジなハイファイサウンドを求める方に最適!
----------------------------------------------------------------
【ウォーム】  ブライト】
【タイト】   ワイドレンジ】
【解像度】   【高解像度
最大ケーブル径:17.0mm
最大導体サイズ:5.5sq(AWG10)
オヤイデ / P-004 & C-004
メッキ:プラチナ+パラジウムメッキ
電極の材質:ベリリウム銅
低音域~中音域にかけて情報量が濃く、音圧レベルが高くなったようなパワフル感に圧倒される。キレの良いスピード感もあり、繊細な表現も得意。音の粒が細かくなるので、特にハイゲインを多用するギタリストにお勧めで、高解像度を必要とするデジタルエフェクト類などにも相性が良い。
----------------------------------------------------------------
【ウォーム】  ブライト】
【タイト】   ワイドレンジ】
【解像度】   【高解像度
最大ケーブル径:17.0mm
最大導体サイズ:5.5sq(AWG10)
オヤイデ / P-004無メッキ & C-004無メッキ
メッキ:メッキなし
電極の材質:ベリリウム銅
秋葉原直営店限定の特別仕様。メッキによるキャラクター付けを排除し、自然な帯域バランスを得られる。高解像度・レスポンスの速さが売りで、ハイエンドアンプ的な響きに近くなる。ギター&ベース、DTM問わず機材の性能を最大限に引き出したい時に最適!
----------------------------------------------------------------
【ウォーム】  ブライト】
【タイト】   ワイドレンジ】
【解像度】   【高解像度
最大ケーブル径:17.0mm
最大導体サイズ:5.5sq(AWG10)
オヤイデ / P-037 & C-037
メッキ:銀+ロジウムメッキ
電極の材質:脱酸りん青銅
低域の量感は増すが、低音をタイトに引き締める効果が得られる。音の輪郭がはっきりとした硬めの音質で、メリハリのある音色が特徴。ギター・ベースどちらにおいても、低域が膨らんでしまう・音像がぼやけてしまう時に組み合わせると効果大!
----------------------------------------------------------------
【ウォーム】  ブライト】
【タイト】   ワイドレンジ】
【解像度】   【高解像度
最大ケーブル径:17.0mm
最大導体サイズ:5.5sq(AWG10)
オヤイデ / P-046 & C-046
メッキ:金+パラジウムメッキ
電極の材質:脱酸りん青銅
倍音が豊かで明るいサウンドながら、フラットな特性でどんな機材にも合わせやすい。低域の情報量も多く、全帯域的に音の厚みが増したような効果が得られる。特にシンセや空間系エフェクトなどに相性が良い。
----------------------------------------------------------------
【ウォーム】  ブライト】
【タイト】   ワイドレンジ】
【解像度】   【高解像度
最大ケーブル径:17.0mm
最大導体サイズ:5.5sq(AWG10)
オヤイデ / P-079 & C-079
メッキ:肉厚24K金メッキ
電極の材質:脱酸りん青銅
中音域の厚みがしっかりと出る。高域が滑らかになり、音像が柔らかな落ち着いた音色になる傾向がある。ジャジーなギターサウンドや、エレピ、ウッドベースなどにも相性が良く、”硬い音色を落ち着かせたい”というバランス調整用途にも向いている。
----------------------------------------------------------------
【ウォーム】  ブライト】
【タイト】   ワイドレンジ】
【解像度】   【高解像度
最大ケーブル径:17.0mm
最大導体サイズ:5.5sq(AWG10)
オヤイデ / P-029 & C-029
メッキ:メッキなし
電極の材質:真鍮
音の粒はやや粗くなるが、メッキ無しによる色付けの少なさにより、どんな機材にも合わせやすい落ち着いた音質傾向。低域の量感は控えめで、レンジはやや狭く、音の厚みが程良く得られる。DTMやレコーディング用途など音色への影響を極力減らしたい箇所に最適!
----------------------------------------------------------------
【ウォーム】  ブライト】
【タイト】   ワイドレンジ】
【解像度】   【高解像度
*****************************************

【番外編】
電源ケーブルのL型コネクターもあります。
最大ケーブル径:17.0mm
最大導体サイズ:5.5sq(AWG10)
フルテック / FI-12L(R) & FI-12ML(R)
メッキ:ロジウムメッキ
電極の材質:α(アルファ)純銅導体
サラッと乾いた明るい響きで、高域が澄みきったクリアなサウンド。低音の量感はすっきり傾向で、エレアコや空間系など、繊細な響きを重要視する機材に最適。
----------------------------------------------------------------
【ウォーム】  ブライト】
【タイト】   ワイドレンジ】
【解像度】   【高解像度
最大ケーブル径:17.0mm
最大導体サイズ:5.5sq(AWG10)
フルテック / FI-12L(G) & FI-12ML(G)
メッキ:24K金メッキ
電極の材質:α(アルファ)純銅導体
滑らかな質感で、全帯域を包み込むような柔らかさを持つ。音の厚みはそれほど強調されず、高域が滑らかにロールオフするような自然な響きが特徴で、どの楽器・ジャンルにも合わせやすい。
----------------------------------------------------------------
【ウォーム】  ブライト】
【タイト】   ワイドレンジ】
【解像度】   【高解像度
最大ケーブル径:17.0mm
最大導体サイズ:5.5sq(AWG10)
フルテック / FI-12L(Cu) & FI-12ML(Cu)
メッキ:メッキなし
電極の材質:α(アルファ)純銅導体
中音域に音がまとまる印象で、少し重心が下がったような音の厚みが得られる。低域の輪郭は緩い傾向だが、音抜けの良さは損なわないので、ギターアンプなどに相性が良い。
----------------------------------------------------------------
【ウォーム】  ブライト】
【タイト】   ワイドレンジ】
【解像度】   【高解像度
*****************************************

【コスパ重視編】
安く良い音に仕上げたい!
電線の太さ等、使用可能な電線に制限があれども、
用途に応じて相性の良し悪しもあり、この価格帯でも侮れません!

最大ケーブル径:16.0mm
最大導体サイズ:5.5sq(AWG10)
フルテック / FI-11(Cu) & FI-11M(Cu)
メッキ:メッキなし
電極の材質:無酸素銅
フルテックの一番人気電源プラグ。FI-12(Cu)と同系統の音になるが、こちらの方がやや硬質で、タイトにまとまる。中音域の押し出しの強さがあり、ギターアンプなどにお勧め!
----------------------------------------------------------------
【ウォーム】  ブライト】
【タイト】   ワイドレンジ】
【解像度】   【高解像度
最大ケーブル径:13.0mm前後
最大導体サイズ:3.5sq(AWG12)
Panasonic / WF5018K
メッキ:ニッケル
電極の材質:黄銅
ワイドレンジ系ではないものの、レンジが絞られることで、音像が適度に引き締まり、丁度良いレンジ感を得ることもできる。低域の量感はすっきり傾向で、レコーディング現場などに使われることも多い医療用プラグ。
----------------------------------------------------------------
【ウォーム】  ブライト】
【タイト】   ワイドレンジ】
【解像度】   【高解像度
最大ケーブル径:13.0mm前後
最大導体サイズ:3.5sq(AWG12)
明工社 / ME2591
メッキ:ニッケル
電極の材質:黄銅
WF5018Kと同系統のサウンド。色の選択が可能なので、使用場所に応じて識別、ケーブルの色によって色を合わせたりと、ちょっとした違いを求める方に!
----------------------------------------------------------------
【ウォーム】  ブライト】
【タイト】   ワイドレンジ】
【解像度】   【高解像度
最大ケーブル径:18.0mm前後
最大導体サイズ:約3.5sq(AWG12)
HUBBELL / HBL8215C
メッキ:メッキなし(マイナスのみニッケルメッキ)
電極の材質:真鍮
タイトな音像の中にも、躍動感のある倍音感が気持ち良いサウンド。大味で少し雑味はあるが、その歪み感と相まってギターアンプなどと相性が良い。ギターでいうとギブソンみたいな”粗さもキャラも良さのうち”といった立ち位置で、楽器ユーザーには根強い人気がある。
----------------------------------------------------------------
【ウォーム】  ブライト】
【タイト】   ワイドレンジ】
【解像度】   【高解像度
最大ケーブル径:16.0mm
最大導体サイズ:5.5sq(AWG10)
フルテック / F-C15 NCF(R)
メッキ:ロジウムメッキ
電極の材質:α(アルファ)純銅導体
通常のロジウムメッキよりも滑らかで、解像度が高い音質。特に音場を広く表現してくれるので、エレアコや空間系、マスタリング用にヘッドルームを広く表現したい機材にピンポイントで使うのも良い。
----------------------------------------------------------------
【ウォーム】  ブライト】
【タイト】   ワイドレンジ】
【解像度】   【高解像度
最大ケーブル径:16.0mm
最大導体サイズ:5.5sq(AWG10)
フルテック / FI-C15 (G)
メッキ:24K 金メッキ
電極の材質:α(アルファ)純銅導体
FI-11(G)やFI-12(G) と同じ音質傾向だが、頑張れば5.5sqまでの線でも使用可能。ギターアンプの枠などに当たって奥まで挿せない箇所でも、C15シリーズなら使うことが可能!
----------------------------------------------------------------
【ウォーム】  ブライト】
【タイト】   ワイドレンジ】
【解像度】   【高解像度
最大ケーブル径:13.0mm
最大導体サイズ:2.0sq(AWG14)
SCHURTER / 4781
メッキ:メッキなし
電極の材質:真鍮
IECコネクターとしては最安値でありながら、ナチュラルな音響特性が得られる売れ筋商品。加工にコツはいるが、狭い隙間にも挿すことができるので使いやすい。工夫次第で約3.5sqの電線も取り付けることができるのもポイント!
----------------------------------------------------------------
【ウォーム】  ブライト】
【タイト】   ワイドレンジ】
【解像度】   【高解像度
*****************************************
如何でしたか?
楽器ユーザーによく使われる・使いやすいものを
オヤイデ電気オンラインショップから一部のみ紹介させて頂きました。

その他の電源プラグ・コネクターも多数ございますので、
気になる方はオンラインショップをチェックしてみてください!

>>>オンラインショップをチェックしてる<<<
*****************************************
楽器用電源ケーブルの製作例として
L/i50 OFC」を使った製作方法を紹介しております。
併せてご参考にして頂ければ幸いです。

===オンラインショップブログ===
4芯スターカッド構造ケーブル
「L/i50 OFC」を使って電源ケーブルを自作しよう!
==================

*****************************************
もし電源ケーブルを製作する際に
「作れる自信がないな。」「この仕様で電源ケーブルを作って欲しい!」
ということであれば、特注製作も可能です!

特注のご依頼だけでなく、
分からないこと・気になることなどございましたら
お気軽にオヤイデ電気までご相談くださいね。

以上、原田でした~。