2016年5月7日土曜日

超小型フォンプラグ「L111」の修理用パーツ、取り扱い始めました!

日の出光機製作所の超小型L字フォンプラグ
"L111"修理用パーツ、取り扱い始めました!

「樹脂製裏ブタ」と「コールド部のケーブルクランプ」

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■「L111」とは?
日の出光機製作所の超小型L型フォンプラグで、
楽器用(特にパッチケーブルのような細かな配線用途)に最適!


超小型L字フォンプラグでありながら、
高品質で非常に人気が上がっています!
上記画像における"黒い円形のパーツ"が「樹脂製裏ブタ」で
真鍮無地のパーツが「ケーブルクランプ」と呼びます。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

樹脂製裏ブタ」は一度取り付けてしまうと、
何かしらの方法で突き破るしかありません。

ホット(+)の半田付けを修正したり、
ホット(+)の線がマイナス部にショートしている場合、
裏ブタを外すことが想定されます。

何か鋭利な物をハンマーで叩いたり・・・
カッターで切り込みを入れてから叩いたり・・・

とにかくガツンと穴が空ければOKですよ

意外と柔らかいので、簡単に穴は開くと思います。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

ケーブルクランプ」は一度半田付けしてしまうと、
円柱内部のハンダを完全に除去することが難しいので、
クランプごと交換することで容易に再利用が可能です。
                              
ネジ山が切ってありますが、
きつめの勘合になっております。
外す時はクランプ側を反時計に回して外してください。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

これらのパーツのお値段ですが・・・

樹脂製裏ブタ¥60(税抜)/1枚
ケーブルクランプ¥70(税抜) /1個

秋葉原店舗での修理用として使用していたパーツなので、
ご要望があれば販売員までお申し付け下さい!


以上、原田でした。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

0 件のコメント:

コメントを投稿